Ally Bally Bee

夫のDV・モラルハラスメントから逃れて娘と二人暮らし。全ての人が生きやすい社会になることを願いつつ、今ひとり親 として出来ることをあらゆる角度から考えていきます。

ジャン=ジャック・ルソー

ジャン=ジャック・ルソー(1712-1778)は、フランスに啓蒙思想家の一人だ。フランス革命に多大な影響を及ぼし、近代民主主義を芽生えさせるのに貢献した。『社会契約論』で、はじめて「子どもは生きる権利がある」と主張し、その出版の同年、「これはわたしの最後の最上の著作だ」といいきった著作が『エミール』である。

「『エミール』を読みとく」を読み、ルソーは自分の子どもを孤児院に預けていたという面白い事実を知った。彼は33歳の時に、生涯の伴侶テレーズと出会い、彼女との間に5人の子どもをもうけているのだが、その5人ともを貧しさと家庭環境の劣悪さを理由とし、孤児院に預けていたのだ。わが子を孤児院に送るというような苦渋に満ちた選択をしなくて済む社会をつくろうという思いが『エミール』という著作に表れることになる。

わが子を孤児院に送っているルソーは、「子どもを語る資格はない」と批判され、各地で『エミール』も押収・焚書され、ルソー自身にも逮捕状や追放令が出た。しかし、『エミール』はその後、近代学校の創設者ペスタロッチ、幼稚園の創設者フレーベル、保育園の創始者オーウェンなどに影響を与え、近代教育の先人たちを導くことになるのだ。(※ルソー自身は「人間は白紙の状態で生まれ経験によって、人間のありようが決定する」と論じたイギリス経験論哲学の祖ロックに多大な影響を受けている)

もうひとつ、面白かったのは、今日的な男女平等の視点から見ると、『エミール』にはルソーの男女平等についての限界が様々なところに見られる点だ。「女性は…(略)…征服されるように生まれついている」「服従は女性にとって自然の状態」などと書かれている。『人間不平等起源論』を著した人でも男女平等につての考えがそれだけのものだったのか!と正直驚いた。

ほぼ同時代人であるオランプ・ド・グーシュという女性がフランス革命時、人権宣言を批判して『女性の人権宣言』を出していることを考えると、ルソーの考えが至らなかったことを時代のせいにすることも出来ないのではないかと思う。

さらに、手放さなければならない子を5人もテレーズに妊娠させたということも、妊娠による女性の身体の負担を考えると、なんだかなぁ、と現代的な視点からは思ってしまった。

ともあれ、ルソーの言葉で面白いなぁ、と思ったものをメモしておこうと思う。

・万物をつくる者の手をはなれるときすべてはよいものであるが、人間の手にうつるとすべてが悪くなる。

・人は子どもというものを知らない…(略)…かれらは子どものうちに大人をもとめ、大人になるまえに子どもがどういうものであるかを考えない

・人類は万物のうちにその地位をしめている。…(略)…人間を人間として考え、子どもを子どもとして考えなければならない

・自然は子どもが大人になるまえに子どもであることを望んでいる。この順序をひっくりかえそうとすると、成熟してもいない、味わいもない、そしてすぐに腐ってしまう速成の果実を結ばせることになる

・植物は栽培によってつくられ、人間は教育によってつくられる

・この教育は、自然か人間か事物によってあたえられる。…(略)…だからわたしたちはみな、三種類の先生によって教育される。これらの先生のそれぞれの教えが互いに矛盾しているばあいには、弟子は悪い教育をうける。…(略)…それらの教えが一致して同じ目的にむかっているばあいにだけ、弟子はその目標どおりに教育され、一貫した人生を送ることができる。

・教育は生命とともにはじまるのだから、生まれたとき、子どもはすでに弟子なのだ。教師の弟子ではない。自然の弟子だ。教師はただ、自然という主席の先生のもとで研究し、この先生の仕事がじゃまされないようにするだけだ

・肉体を、器官を、感官を、力を訓練させるがいい。しかし、魂はできるだけ長いあいだなにもさせずにおくがいい

・人間としての生活をするように自然は命じている。生きること、それがわたしの生徒に教えたいと思っている職業だ

・子どもに学問を教えることが問題なのではなく、学問を愛する趣味をあたえ、この趣味がもっと発達したときに学問をまなぶための方法を教えることが問題なのだ。これこそたしかに、あらゆるよい教育の根本原則だ

・人はみな幸福でありたいと思っている。しかし、幸福になれるには、幸福とはどういうことであるかをまず知らなければならない。自然人の幸福はその生活と同様に単純だ。それは苦しまないことにある。それは健康、自由、必要なものから成りたっている

・わたしたちは、いわば、二回この世に生まれる。一回目は存在するために、二回目は生きるために。はじめは人間に生まれ、つぎには男性か女性に生まれる

 

「エミール」を読みとく

「エミール」を読みとく

 

 

 

心療内科の受診前

下書き記事を整理していて、心療内科に行くまでの経過があったのでアップします。最近、DVやモラハラのことを書いていないけれど、読み直して、やっぱり今大変な人に何かできることがあれば、という気持ちは残っていることを確認しました。↓

私は、ことあるごとに夫から「頭がおかしい」「言っている意味がわからない」と言われ続けてきました。「精神科に行け」と言われ、実際に診察の予約をされたこともあります。夫の言葉の暴力が積み重なって、本当に心療内科・精神科に行きたい気持ちになりました。しかし、「頭のおかしい人間には親権は渡すことが出来ない」という脅しを受け、病院に行くという事実もまた夫の攻撃材料になるのではないかと恐れて病院には行かないようにしていました。実際、子育てをしながら病院に行く時間的な余裕もありませんでした。

市の無料相談を利用し、臨床心理士さんに話を聞いてもらったとき、「私は病院に行け、と言われ続けているのですが、本当に病院に行った方がよいのでしょうか」と聞いてみたことがあります。「眠れていますか」と聞かれ、「はい、眠れています」と答えると、「では行く必要はないでしょう」と言われました。

本をたくさん読むことでモラルハラスメントのからくりを知り、夫の思うつぼにならないように、自分が折れてしまわないように保ってきました。

モラルハラスメントは、自分が被害者であることを証明すること、第三者にもモラルハラスメントの事実をわかってもらうことが非常に難しく、調停や裁判で有利な展開にもっていくことが困難な離婚事由です。

弁護士さんに相談すると、目に見えないものだけにわかりやすい証拠が必要であると言われ、診断書などがあるほうが良いということになり、はじめて病院に行こうと思いました。

それで、心療内科に行ってみたブログがこれです。↓

https://ally-bally-bee.hatenablog.com/entry/2013/10/06/015243?_ga=2.37332259.2045597432.1599999289-143262597.1597355633


リトルフォレスト的生活

リトル・フォレスト 夏・秋

リトル・フォレスト 夏・秋

  • 発売日: 2014/12/17
  • メディア: Prime Video

リトル・フォレスト 冬・春

リトル・フォレスト 冬・春

  • 発売日: 2015/06/24
  • メディア: Prime Video

大きな出費が続き、一時的に別居したての頃と同じくらいお金がなくなった。次の給料日までどうやって過ごそうか、真剣に計画を立てた。

いつもの休日は、娘とバスで街に出かけて、本を買って、喫茶店で読書などして、ちょっと珍しいものを購入していたけれど、自転車で図書館に行ったり、水筒やおにぎりを持って野外でピクニックをする生活に変わった。

家にあった保存食も色々消費した。

アマゾンプライムビデオで、リトルフォレストをみた。夏秋編、冬春編ともに。

その丁寧な生活をみて、ずっと放置していた伽耶の実のことを思い出した。

じっくり煎ったり、殻をひとつひとつ剥くという食べるまでの工程が面倒だった伽耶の実をようやく使う気になり、はじめて伽耶の実を食べた。

映画の中に出てきた胡桃ご飯も作ってみて、美味しい夕食を食べることができた。

こんな丁寧な生活を田舎でしつつ、シングルマザーとしてよくメディアに登場していた人がいたな、と思い出した日登美さん。

調べてみたら、とっくの昔に再婚していて、ドイツ人の夫とベルリン在住とか。

強くたくましいシングルマザーモデルはひとり減ったけれど、再婚モデルがひとり増えたな、と淋しさ半分・希望半分の気持ち。

シングルマザーとキャンプ

シングルマザーだと活動の幅が狭まるなぁ、と思うことがある。アウトドアの活動を特に億劫だと感じる。例えば、キャンプ。

娘を学校なりYMCAなり、友人知人のキャンプイベントに参加させることは出来るかもしれないけれど、家族でキャンプと考えると、少し寂しい。私の場合、娘と2人きり。仮に息子と2人きりだったとしてもやはり寂しいだろうと思う。子どもの性別は関係ない。年齢もあまり関係ない。仮に2人、3人子どもがいたとしても、そこに母親ひとりきりだと、気を張ってしまい大変疲れると思う。

テントの設営なり、ご飯作りなり、手分けしてした方が効率が良かったり、子どもをきちんとみていないと少し危険な作業もある。

仮に、そういう作業面をクリアできても、人からどう見えるかも少し気になる。

人目を気にしないようになりたいと思ってはいても、私はクリスマスにレストランでひとりきりでディナーを楽しめないタイプだ。

体力的にも精神的にも、もうひとり人がいるのといないのとでは全く違う。

障害福祉分野で働く人々

ワンダー 君は太陽(字幕版)

ワンダー 君は太陽(字幕版)

  • 発売日: 2018/10/26
  • メディア: Prime Video

障害福祉の仕事をしている。なぜしているのかというと、それらしい理由は思いつかない。興味があったから、なのかなと思う。

高齢者でも、子どもでも、外国人でも、犯罪者でも、昔の人でも、とにかく他者に興味がある。自分と、どこが同じでどこが違うのか。私たちを隔てるものは何なのか。

私が接している方々の多くは、遺伝子疾患により外観からとても目立つ。一緒に歩くと、みられているという感じを私も受ける。

『ワンダー君は太陽』の主人公であるオギーも、遺伝子疾患により顔が一般の人とは違う。映画は、彼と彼を取り巻く人々の物語だ。

印象に残ったのは、彼の姉の葛藤だ。

障害者の親の目は、障害児に向きがちだ。同様に愛情を注いでいるようでも、そうなってしまいがちだ。手がかかる障害児が優先されてしまう。親との時間が中断されると、兄弟姉妹が障害児に対して抱く感情は相当複雑なものになるはずだ。

障害福祉の仕事をしていて感じるのは、障害者の親であったり、兄弟姉妹の割合が多いということだ。その他の職員には軽い発達障害なのではないかと思わせる人もいる。

かく言う私も、発達障害かもしれないと自分のことを思っている。

障害者本人や障害者の両親や兄弟姉妹を支援することが、自分と強く結びついている人がこの分野で多く働いているのかな、という印象を受けている。

オギーのお姉さんも、そんな仕事に就くかもしれないな、など思いつつ観た。

お父さんのことを伝える

お父さんのことを娘に伝えるタイミングが訪れた。

どんな風に伝えたら良いか、ひとりで考えていてわからなかった。というのも、父に悪いイメージを持つようなことを伝えたら、その血を引く自分自身を否定してしまうようになるのではないかと怖かったからだ。一方で、良いイメージを持つようなことだけを伝えたとしても、それならばなぜ一緒に暮らせなくなったのかという疑問が募ることになるだろう。

事実のみを伝える。出来事とその時自分がどのように感じたことだけを伝えたら良いのではないか、と、友人からアドバイスを受け、実施することにした。

お昼ご飯を店で食べながら、娘にもっと聞きたいことはないか確認しながら、自分が一方的に話すことのないように少しずつ伝えた。娘が嫌になったら途中でやめようと思ったけれど、続けて聞きたがった。

娘と元夫と3人で、半年ほどの僅かな期間を過ごした家にも一緒に行ってみた。別の住人が住んでいるようだった。

調停やらを行った家庭裁判所にも行った。

父親の写真も見せた。

あとは、娘が生まれるまで、元夫と私で書いていた娘への手紙を見せていないけれど、今の年齢で理解できそうなことはほとんど伝えたと思う。

娘は、少しスッキリしたようだ。良い意味で

、父への期待がなくなったのかな、と思う。

死後のことを考える

0葬 ――あっさり死ぬ

0葬 ――あっさり死ぬ

ひとりっ子ということもあり、両親が死んだらどうしたら良いのかということが、たまに気になっては忘れている。

先日、父から、死後は火葬後に骨を砕いて河にでも撒いて欲しいというようなことを言われた。

『0葬 あっさり死ぬ』を読む。

私が実家にいた頃は、定期的に祖父母の家に和尚さんが読経しに来て、そのために親族が集まっていた。お盆は、わざわざ父が事前に墓の草刈りに行ったり、駐車場が混むからとタクシーで墓参りに行ったり、納骨堂に行ったりで、仏事は、夏の一大イベントだった。その度に、誰が墓を守っていくのかという話になり、私といとこは、「大丈夫。大丈夫。ふたりで協力して守るよ」みたいなことを、ヘラヘラ墓の前で話していた。

その墓には、大好きな祖母が亡くなって以来2回しか行っていない。お盆だからと参ることもない。改めて、祖母への想いと、墓参りとは私の場合リンクしないということを知った。今も祖母を思い出しただけで会いたくて涙が出るが、墓参りをしていない罪悪感はない。

娘は、私が長年毎年経験してきた、仏事の経験に乏しい。

それは、死者に対する考えに何か影響があるのだろうか、と思う。

祖父母が死んだ時、立派な戒名にお金がかかったようだけれど私は祖父母の戒名をまったく憶えていない。祖母のあとを追うように亡くなった祖父の葬儀も、やたらと大きなもので参列者の人数がすごかった。故人の希望ではなく、喪主の世間体だったと思う。

祖父母の死をきっかけに、私は親戚との縁が遠くなった。冠婚葬祭に参加しないからということが大きいと思う。

話は戻るけれど、冠婚葬祭にお金をかけなくなってきた最近の傾向は、良いことのように思える。

世間体を気にして両親の葬儀をする必要はないな、と思っている。

私も死んだあとのことにそれほどこだわりはないけれど、娘がどうしたら良いか困らないように、エンディングノートは用意しておきたいと思う。