Ally Bally Bee

夫のDV・モラルハラスメントから逃れて娘と二人暮らし。全ての人が生きやすい社会になることを願いつつ、今ひとり親 として出来ることをあらゆる角度から考えていきます。

鬼おろし初体験

母娘揃ってインフルエンザになりました。1日は40度近い熱で子供の世話がやっとな寝たきり状態で、2人とも、果物くらいしか食べられなかったのですが、薬でなんとか良くなりつつあります。
風邪をひいたりインフルエンザになると、果物と大根の素晴らしさに気付くのですが、最近購入した竹製鬼おろしを使ってみぞれ鍋にしました。
鬼おろし初体験でしたが、こんな感じなのか!使える!が感想です。大根が荒くおろせて食感がしゃりしゃりと喉にも気持ち良いのです。
正直、何の料理に使えば良いのかよくわかっていなかったのに勢いで買った鬼おろしですが、今後はきゅうりや長芋など色々試してみようと思います。買ってよかった!
あ、早速デザートの林檎もこれでおろして食べてみます。
今日の具材は、鶏モモ、シメジ、水菜、絹ごし豆腐。だし汁で煮て、おろした大根を乗せ、ポン酢で割って食べるという簡単料理。
風邪やインフルエンザの時、おすすめです。
鬼おろしも、見つけたら購入して損はないと思います。

生活保護について思うこと

2年前の正月に書いた下書き記事を読み直し、2年前は正月から生活保護ケースワーカーの漫画を読んでいたことを思い出しました。

私は、妊産婦期間、体調も悪く、子供を預ける人もいない、つまりいくら働きたくても実質働けない時、夫のDVを受けていたので、別居と離婚を視野に入れ、生活保護の受給について役所に相談に行ったことがあります。資産も収入も無い点は簡単にクリアできるのですが、心情的に「扶養の優先」がネックとなり、受給を申請しようとは思いませんでした。扶養義務者の扶養は、「保護の要件」ではなく、「保護に優先される」、ということなのですが、どう違うのかはっきりとはわかりません。

扶養義務者とは、民法の規定により、配偶者、直系血族及び兄弟姉妹並びにそれ以外の三親等内の親族で、家庭裁判所が特に扶養義務を負わせた者のことを指すようですが、そもそも、頼みごとをしやすい間柄の扶養義務者がいるのであれば、要保護者の困窮の状態に気づき、何らかの支援をしているはずだし、要保護者も、生活保護を考える前に扶養義務者を頼ることを考えてるはずです。

生活に困窮し、孤立している状態である上に、縁遠くなっている扶養義務者に生活保護関係の照会が入ることにより、ますます要保護者が追い詰められるのは目に見えており、これはまさにスティグマだと思います。

私が生活保護の受給相談に行ってから約6年経ちました。その間、子どもとの時間を犠牲にし、離婚訴訟を抱えながらトリプルワークで頑張っていた時期もあります。そこまで頑張ったほうがましだと思わせる生活保護申請って何なのだろうと思います。

実際、あの時受給について申請しなかったため、ここで現状がどのようなものであったかレポートすることは出来ないのですが、社会福祉士の勉強をする中で教科書的に被保護者に知っておいて欲しいと思ったことをメモしておきます。※現実問題、生活保護の支援機関と繋がるのがきっとはやいでしょうね。

  • 被保護者の義務としてある、福祉事務所による「指導や指示に従う」は、あくまでも生活の維持や自立に向けての指導や指示であり、現業員の恣意的な指導・指示に従うことではないこと
  • 福祉事務所の決定が不当な処分だと感じた時は審査請求ができること

参考までに

支援機関 もやいのアドレスを貼っておきます

http://www.npomoyai.or.jp/


 

 

 

銭湯デビュー

おふろやさん (こどものとも傑作集)

おふろやさん (こどものとも傑作集)

絵本作家の西村繁男さんが大好きなのですが、同じく西村繁男好きの娘がかねてから行きたがっていたこともあり、近所の銭湯にデビューしました。しかもクリスマスイブに。

銭湯の番台さんはじめ、いろんな人から声をかけてもらえたのが楽しかったのか、娘は毎日行きたいと言い出すくらい銭湯を気に入りました。

ご近所さんと仲良くなるには銭湯が手っ取り早いな、ともっと早くデビューしなかったことを後悔しています。

近々引っ越し予定ですが、引っ越し先では積極的に銭湯を利用していきたいと思います。さすがに毎日は無理だけど、月1回くらいは行けたら良いな。


家を購入したこと

突然ですが、家を購入しました。もちろんローンを組んでの購入です。
家を購入しようと思った主な理由は以下の3点です。
・親族資源に乏しく、親も保証人になれない経済状況のため、今後引っ越しもままならないため
・現在の正社員としての仕事を辞めようと思っており、今後正社員の仕事に就く見込みもないため。つまり、ローンを組めなくなる可能性が出てくるため。
・子どもが小学校に上がると、今の住居は手狭になるため
30年ローンを組んだのですが、月々の返済額だけでみると、今の家賃より少し安くなります。今より若干不便な場所ですが、部屋数も増えることになります。
おいおい家を購入するまでの記事を書いて行く予定ですが、なんとなく家の購入を意識したのが今年の7月くらいからで、情報収集したり、不動産屋に足を運んだりして6ヶ月くらいで決めることが出来ました。
独身時代も離婚してからも家を購入するなんて思ってもいなかったし、性格的にも同じところに住み続けるのは嫌なタイプなのですが、子どもが小学校に上がることを意識したら、あまり引っ越ししてもいられないなと腹をくくりました。今後は定住を頑張りたいと思います。

娘が一番欲しいもの

クリスマスプレゼントのリサーチをしていたところ、おばあちゃん経由で、娘が一番欲しいものは赤ちゃん、つまり、私に赤ちゃんが出来ることということがわかりました。

そうだろうとは思っていたけれど、そうじゃなければ良いとも思っていたので、叶えてあげられない望みということで、落ち込みました。

赤ちゃんは可愛いし、どちらかといえば欲しいけれど、赤ちゃんを持つために必要な諸々を考えると、今の私には赤ちゃんを持つことは難題すぎます。

桃太郎やかぐや姫のおじいさんやおばあさんのように、何かの偶然で赤ちゃんを見つけ、誰にも責められずに育てなければならなくなるということにならないかなぁ、と思ってしまいます。

ひとり親だと、里親になるのも厳しいしなぁ。

もちろん、子どもの望みを何でも叶えたら良いというわけでもないので、何とか説明していきます。

自転車の練習に付き合う

子どもの貧困の漫画「神様の背中」の中に、貧困のため自転車を変えないというエピソードがあり、このままだと、うちもそうなるとかつて思ったことを覚えています。

私は現在、経済的な貧困から、一時的に抜け出ていますが、お金のため犠牲にしていることが多く、転職する予定です。よって、また貧困に戻る可能性が高いです。

さて、他の子から遅れること2年ほど?やっと5歳の娘に自転車を購入しました。ちなみに、うちの子は三輪車もストライダーも持っていません。

子どもの自転車って成長と共に頻繁に買い替える必要があるし、大人の自転車と違い、中古も多くないので、なるべく大きくなってから買いたいと思っていたこともあるのですが、なにより、自転車を練習させる時間と場所が無いということもここまで購入を伸ばした理由としてあります。

巷には、立派に補助輪なしの自転車を乗りこなす3歳くらいの子もいて、もともと3歳くらいから自転車が欲しいと言っていた娘にはかなり我慢をさせていました。

さて、この3連休、とはいえ、2日間は仕事だったため日曜しか休めなかった私ですが、家でゆっくりしたいところ、身体に鞭を打ち、子どもの自転車の練習に付き合いました。

体力も、安全を見守るための気力も使うので、自転車の練習に付き合うのはなかなか大変ですが、今後しばらくは子どもの乗りたい気持ちに応え、根気強く練習に付き合いたいです。

ちなみに自転車の車庫もないので、雨風に吹きさらされる中に自転車を置いてます。

村上氏のこと

はるまちという冊子で、村上吉宜(むらかみよしのぶ)氏の記事を読みました。

村上氏は奥さんと離婚後、生活保護を受けつつ難病のお子さんの介護をしながら父子家庭の環境改善に取り組み、全国父子家庭連絡会を立ち上げた人です。それまでの人生も壮絶で、自殺未遂までもしているのですが、そこから児童扶養手当を父子家庭にも支給できるよう制度改善をもたらし、日本全国に影響を与える人物となっています。すごいなぁと感心するとともに、どんな状況でも立ち上がれるのだとパワーをもらいました。

DVを受けたり、頼れる人がいなかったり、お金も仕事もなくて、自分も病気だったりして自分がどん底にあると感じている人はひとり親に多いと思います。

そんな人には、村上吉宜さんのこと、是非色々調べて知って欲しいです。

きっと、現実的に役立つ情報も得られるでしょうし、そのプロフィールからはパワーをもらえると思います。