読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ally Bally Bee

夫のDV・モラルハラスメントから逃れて娘と二人暮らし。シングルママもパパも生きやすい日本になる日を願いつつ、今シングルママ として出来ることをあらゆる角度から考えていきます。

相手方の姓で呼ばれている自分について

DV関連 二次被害 モラルハラスメント

私は離婚させてもらえていない。に関わらず、婚姻費用も養育費も受け取ってはいない。

別居しているこんな現実の中でも、正式には相手方の姓を使わなければならないという現実はかなりのストレスである。

入籍時も、姓を変更することにはかなりの抵抗があった。何がなんでも旧姓を使いたかったわけでもないけれど、妻側が名字を変更することが当たり前のようになっている社会には大きな疑問を抱いていた。

私は旧姓が好きであったし、姓を変更することにより証明書等すべて変更の手続きをとらなければならないということも煩わしかった。でも旧姓のままでいたいことに他人を納得させる大きな説得力はなかった。夫婦別姓が許されていない日本において、私が自分の我を通して夫に私の方の姓になってもらうとしたら、自分の嫌なことを今度は夫に強いることになってしまうからだ。(夫側が名字変更等の手続きを取らなければならないことになる)

なぜ、夫の姓を名乗ることを我慢しようかと思ったのか。それは相手方の両親に礼を尽くそうと思ったからだ。妻側が姓を変えることが一般化している社会で、たとえ夫が個人的に妻側の姓を名乗ることに同意したとしても、夫側の両親、親族にしてみたら良い気持ちがしないのではないかと思ったからだ。夫側の名字を拒否する特段の理由が無い以上、自分の息子が妻側の名字になることに対し、よほどリベラルな両親、親族ではない限り、違和感を持つのではないかと思う。妻側がこういう決断を強いられたとしても、それを汲んでもらえることはごく稀であって、夫側の両親にとっては嫁が名字を変えることは当たり前のことなのである。

私は入籍により姓が変わったことで、国家試験を受ける際も、大学の卒業証明書にある姓と違うので、今の姓に変わったことが証明できるものを添付しなければならなかった。妻側は結婚の際も離婚の際も、名字が変わることにより、職場などでプライベートな事情がより周囲に明らかなものとなってしまう。職場で判子を変えてもらったり、名刺を変えてもらったり、小さなことだけれど、妻側が気苦労することは多い。

今の職場で、私は相手方の姓で呼ばれているが、何か相手方の姓で呼ばれている自分は自分ではないような気がしている。出勤簿や回覧書類に名前を押す相手方の名字の判子は早く用済みにして捨ててしまいたいし、相手方の名字で名前を書く時も気持ちがこもらない。相手方の名字の自分は離婚成立と同時に死んでほしい人格だ。例えばこの姓を使用して功を成したいとも思わないし、好きな友人、知人にはこの姓で呼んで欲しくはない。

今、私の依頼している法律事務所、子ども預けている保育所など、DVの事情を話している場所では、正式書類では相手方の姓ではありながら、私の旧姓で呼んでもらっている。家を借りた大家さんにも近々離婚をするのでと、旧姓の方をアピールしている。

事情を理解し、旧姓で私に声をかけてくれている人々がなんとありがたいことか。DVやモラハラの被害者には、本人のより希望する呼び方を使って呼んであげることも一つの配慮だと思う。