Ally Bally Bee

夫のDV・モラルハラスメントから逃れて娘と二人暮らし。シングルママもパパも生きやすい日本になる日を願いつつ、今シングルママ として出来ることをあらゆる角度から考えていきます。

オリジナル栄養ドリンクを作る

暑いですね。私はここ一週間ハンディブレンダーで作ったドリンクをがぶ飲みしています。作り方はいたって大雑把。ベースは水か牛乳かヨーグルトか豆乳にし、甘味はフルーツの甘味や砂糖やハチミツ、あとは適当に野菜や果物を入れます。バナナは比較的何とでも相性が良く、入れると味がまろやかなになります。身体をクールダウンさせたい時は氷も一緒にクラッシュするだけ。

野菜ジュースや栄養ドリンクを購入すると高くつくし、自分好みの味に調整もできないけれど、ハンディブレンダーをひとつ持っていたら自分の体調に合わせた栄養ドリンクを安価に調合することが出来るし、自分好みの味にも出来ます。もちろんミキサーでも作るのも良いのですが、私は洗うのもより手軽にできるハンディブレンダーの方が好きです。

今日は小松菜・リンゴ・バナナ・牛乳とハチミツのドリンクを作りました。原材料費100円以下で3杯分くらい作れて、市販のドリンクより美味しいのです。今回材料にしたものには下記のような効能があります。小松菜って青臭いイメージかもしれませんが、ジュースにするとまったく野菜臭くありませんよ。

小松菜:ビタミンAやCやカルシウムが豊富です。ビタミンCは免疫機能を高めるのに効果的です。骨の形成に役立つビタミンKも豊富です。

リンゴ:脂肪分解を促進するカリウムが含まれます。クエン酸が胃液の分泌を促し、消化不良による胃もたれを改善します。食物繊維のぺクチンが腸壁の粘膜を保護します。

牛乳:神経の高ぶりを鎮めるカルシウムが豊富。不安による同期などを抑えるにも有効です。

ハチミツオリゴ糖が大腸内の善玉菌の栄養となり、腸の調子を整えます。