読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ally Bally Bee

夫のDV・モラルハラスメントから逃れて娘と二人暮らし。シングルママもパパも生きやすい日本になる日を願いつつ、今シングルママ として出来ることをあらゆる角度から考えていきます。

Orangs and lemons

輸入果実のオレンジとレモンは、ロンドンの埠頭で陸揚げされてコヴェント・ガーデンなどの市場へ運ばれていました。

ロンドンの由緒ある鐘が6つ出てきて、「いつ借金を返すのか」と会話を重ねます。しかし最後に首切りがお前の首を切り落とすためにやってくるぞ、最後に処刑を意味する歌詞が登場するのです。イギリスで、身分の高い物や尊敬に値する業績をのこした人たちの処刑には斬首が適用されていました。聖マーティンは、金貸しが住んでいたと言われる町、オールド・ベイリーは、債務者が送られた刑務所の近くにある町だったようです。

早く寝かしつけるための唄でもあったからのようですが…。オレンジとレモンという可愛いタイトルから連想されるような歌詞じゃないところがまたマザーグースの面白さです。(メロディーはかわいらしいけれど)

「とおりゃんせ」に似ている子どもたちに人気の遊び唄です。

Orangs and lemons,

Say the bells of St. Clement's.
You owe me five farthings,
Say the bells of St. Martin's.
When will you pay me?
Say the bells of Old Bailey.
When I grow rich,
Say the bells of Shoreditch.
When will that be?
Say the bells of Stepney.
I'm sure I don't know,
Says the great bell at Bow.
Here comes a candle to light you to bed,
Here comes a chopper to chop off your head.