Ally Bally Bee

夫のDV・モラルハラスメントから逃れて娘と二人暮らし。全ての人が生きやすい社会になることを願いつつ、今ひとり親 として出来ることをあらゆる角度から考えていきます。

失われた本来の時間も取り戻していける~Angel~

最近生活にアロマを取り入れはじめた。嫌なことをあまり考えず少し明るい気持ちになれる時間が増えた気がする。今日ラベンダーの精油を落としたお風呂に子どもと浸かりながらふと思い出し口ずさんでいた曲が麗美『Angel』という曲だった。 聴いていたのは中学生の頃でずっと忘れていたのに。

「いつかこの世に生まれて来る 私の子供の名は"Angel" 未来の窓で首傾(かし)げる あなたにこの唄ささげたい」という歌詞ではじまるお母さんから子どもへのメッセージソング。出てくるフレーズに共感し、自分がいつかお母さんになることを想像して歌っていたことを思い出す。何度も歌っていたからか不思議と歌詞もきちんと覚えていて、久々にYouTubeでも聴いてみた。妊娠中も、こんな歌思い出す余裕がなかったり、心配事が多すぎて穏やかなマタニティライフとはほど遠かったけれど、これから失われた本来の時間を取り戻していける気がする。

  • 「どんな時にもくじけないで 辛い時にはほほえんで」→これは今の自分に向けたいフレーズ。辛いときに泣くのもいいけれど、ほほえむのもいい。
  • 「やさしさを覚えていれば それだけでいいわ」→そのうちもっと欲が出てくるのかもしれないけれど、本当に「やさしを覚えていること」それだけでいいなと思う。やさしさは強さでもあるから。
  • 「小さな手で描いてきた 夢の色を変えないでね」→自分にも子どもにも向けたい言葉。DVとかモラハラの被害を受けると、人を信じる気持ちが傷つけられたり、今までの自分まで否定してしまいそうになるけれど、そうはしたくない。今まで大切にしてきたものは大切にし続けたい。子どもにもこれから歩む人生で、辛いことや理不尽なことがあっても、自分が大切にしたいものは壊されないように守っていって欲しいなと思う。
  • 「ナンバーワンにならなくても 喜び運ぶの」→世界に一つだけの花を連想してしまうけれど、他と較べることにとらわれず育てたい。何より、子ども自身が自分を他と較べることにとらわれないようになって欲しいから。


④麗美Angel19890716 - YouTube