Ally Bally Bee

夫のDV・モラルハラスメントから逃れて娘と二人暮らし。シングルママもパパも生きやすい日本になる日を願いつつ、今シングルママ として出来ることをあらゆる角度から考えていきます。

別居中の児童手当のこと

児童手当はどうして両親のうち収入の多い方の口座に振り込まれてしまうのだろう。ただでさえ女性の地位が低いのに、正確には夫の稼ぎではなく、子どものためのものであるお金も、夫から「もらう」ようなかたちになってしまうのは、普通の家庭ならともかく、DV被害女性にとって屈辱的なことだ。

1回目の別居のとき、「別居中でも離婚していなければ口座の変更はできません」と問い合わせた窓口で言われた。納得はできなかったけれど、そうなのかとあきらめていた。その後、DV被害者のための講座で、どうも別居中でも児童手当を母親の口座に変更できる場合もあると知り、今度はDVの被害者であることをはっきり伝えたうえで口座の変更をしたい旨、問い合わせ窓口に伝えた。

すると、どうも児童手当認定請求書というものの提出で承認されるとのこと。現在の状況を書面で書き、役所のページからダウンロードした児童手当認定請求書を宛先に送った。更に、DVの証明書も必要とのことだったので、発行してもらえるセンターに仕事を休んでいく。(※DV証明書とは、DV相談の記録があることを証明する簡単なものだけれども、これは相談履歴がなければ発行されないので注意が必要)まずは、あきらめないことが肝心なのかと思った。

結果的に、口座の変更は夫が子の健康保険を抜く手続きをするか、住民票を正式に移動しないとできないとのことで、証明書は発行してもらわずに家に帰る。

DVの被害者だから住民票を移動するのが怖いし、直接健康保険を抜く手続きをしてもらう交渉もままならない状況なのにと思うと、今の制度にもどかしさを覚える。

仕事を休んでわざわざ証明書をもらいに行ったのに、と思うとたらい回しにされた感もあるけれど、このような請求の事例が少なく、担当者もよくわからないのが現状だからなのだろうか。

ちなみに別居中に児童手当として振り込まれたお金を夫が使い込んでしまっても罪にも何にもならないとのこと。