Ally Bally Bee

夫のDV・モラルハラスメントから逃れて娘と二人暮らし。全ての人が生きやすい社会になることを願いつつ、今ひとり親 として出来ることをあらゆる角度から考えていきます。

子どもが病気のとき

風邪が流行りはじめている。シングルマザーやワーキングマザーは、自分が病気になった時も、子どもが病気になった時も本当に大変だ。私の職場は福祉施設だ。ご利用者さんのご家庭は、少しの体調悪化で欠席させるご家庭と、どんなに体調が悪くても欠席させな…

私の父について

子に父親がいない。正確にはいるけれど、別れているということがシングルマザーの悩みだ。私の娘も父親が欲しいようで、そのことが私の悩みだ。父親とは何かを考えるにあたり、まずは自分の父親について考えてみた。・私はひとりっ子だ。両親は中学3年の時に…

11月9日

18時45分、家に帰宅。色々あった日だったので今日一日を記録しようと思う。・日の出前に目が覚めて、昨晩みた『リトル プリンス 星の王子さまと私』について記事でも書こうかと思い、チョコレートを食べて起きようとするも、二度寝。・今度は娘と同時くらい…

破産しかける

破産 (小学館文庫)作者: 嶽本野ばら出版社/メーカー: 小学館発売日: 2015/03/06メディア: 文庫この商品を含むブログを見る 先月、年金暮らしの父に借金までするはめになった。昔よく読んだ嶽本野ばらの小説『破産』を読んだりしつつ、給料日までの約1ヶ月、…

学習漫画も、たまにはいいな。

娘が学習漫画も読むようになり、図書館から借りてくることが多くなった。私も昔、特に伝記漫画が好きだったけれど、最近の学習漫画のラインナップは、バラエティに富んでいて面白い。 テディベアの生みの親、マルガレーテ・シュタイフという人については知ら…

運動会は怖くなかった

ひとり親になって、怖いなぁ、と思っていたのは小学校の運動会だった。先日、その運動会があった。私の子どもの頃は、母が前日から大勢で食べるためのご馳走を準備していた。私の運動会には、祖父母、叔父、叔母、いとこ、祖母の妹までも応援に来てくれて、…

口座解約

運動会の代休日と合わせて、私も仕事の休みをとった。平日にしか出来ないことって多い。土日空いていない役所関係の手続きや、夜には空いていない銀行関係のことなど。今日は、ようやく、元夫の姓で生きていた口座を解約できた。保育園の利用料を離婚前から…

養育費不払いについて考えたこと

朝日新聞デジタルで、下記のような内容を目にした。>>養育費不払いに給与天引きも 元配偶者に、明石市が検討養育費不払い解消に取り組む兵庫県明石市は25日、困窮するひとり親家庭支援のため、不払いを続ける元配偶者の財産情報取得や給与差し押さえ、氏名…

福祉は偽善か

福祉の仕事をしていると誰かに伝えて、それを偽善だと言われたら、なぜ彼らがそう思うのかを聞いてみたい。このテーマで話し合うことは面白そうだと思う。私自身は、福祉の仕事をしている人を偽善者だと特段思わない。考えてみると、私は福祉の仕事をはじめ…

杉田俊介氏の本を読んで

杉田俊介著「非モテの品格-男にとって『弱さ』とは何か」を読んだ。このタイトルから期待していなかったが、内容は障害者福祉の話に及んでいる。男らしく生きること→自立して生きること→家族の暮らしを支えること→ケアすること、という流れで内容がケアの話…

ひとり親の働き方について

ひとり親でありつつ、働きながら夜間学校に通い社会福祉士の勉強をしているなんて、僅かな気を許した人にしか話さなかった。同じ社会福祉士を目指しているクラスメイトにさえ出来れば言いたくなかった。なぜなら、「子どもがかわいそう」と思われるのが嫌だ…

優生思想について

障害者福祉に携わるものとして、おさえておかなければならないと思っていたのが、優生思想についてだ。障害のある人が子孫を残すことを絶たれるだけでなく、今を生きる障害のある人の存在がただちに否定されるという考え方だ。恐ろしいことだけれど、2016年…

男性の弱さという視点とDV

学生の頃、文学や芸術が趣味の男性と喫茶店で話していた内容を割とはっきり覚えている。彼は、「女性は良いなぁ。就職しなくても、主婦になるという選択肢があるから」と言っていた。私は、バカにされたような気がして、女性の生き辛さを訴え、彼の言ったこ…

事件の判決を読んで

DVをテーマのひとつとしているブログの割に、世を騒がせている事件についてはあまり書いてこなかったな、と、今回も新聞の一面に載った目黒の虐待死事件の判決を読んで読んで思った。東京地裁は17日、懲役8年(求刑・懲役11年)の実刑判決を言い渡した…

怒りのコントロールについて

このブログは、怒りをバネに頑張った記録と言っても良いくらいのブログだ。だからと言って怒りを上手くコントロール出来ている自信はない。怒りをコントロールする方法を知ることは、DV、モラハラ対策としても有効と思うし、仕事や子どもの生活にも参考にで…

自分で出来る認知療法

DV・モラハラの影響もあり、自分は認知が歪んでいるのかもしれないとなんとなく思っていた。認知が歪んでいない人などいないのでは?とも思っていた。それで、自分で実践できるという認知療法の本を読んでみた。色んなワークがついていたけれど、結局ワーク…

だからモラ問題は難しい。

辛いとき、苦しいときに、それをわかって欲しい、受け止めて欲しいという気持ちは、きっと多くの人にあると思う。それをわかってもらえなかった時に、怒りや悲しみになる場合が多い。夫婦間の不和や、親子間の虐待など、近しい相手という甘えがある分、その…

小1の生活

娘は小学生になりました。「小1の壁」なんて言われているので、どんなことになるのだろう、と恐れていましたが、なんとかやってます。現在、娘は夏休み中ですが、夏休みの方が忙しいです。というのも、毎日の学童のお弁当作り、朝顔の水やり含む夏休みの宿題…

映画「子ども食堂」を観て

映画はそもそもがフィクションだ。だから、フィクションだなぁ、などと、ことさら感じながら観ることはない。でも、この映画は、フィクションだなぁ、と思いながら観た。それは、この映画に描かれている子どもの貧困を、私がこの目でみて知っているからだ。…

特定就職困難者として感じること

特定求職者雇用開発助成金というものがある。特定求職者雇用開発助成金についてhttps://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyufukin/tokutei_konnan.html前から、この制度について疑問に思っていた。記事に書こうと思いつつ書く…

古い本や映画/親友と久々に会った話

古い本や映画が、好きです。5年前、10年前、50年前、100年前、もっと前の本や映画も。 それは、自分が生きた時代ならその時代の空気感を思い出すことが出来るからです。生まれる前の時代なら、その時代の空気感を想像できるからです。 で、そんなに古くもな…

中間報告

激務だった前職を辞める直前に、その気持ちを忘れないように、娘としたいことリストと私が個人的にしたいことリストを記事として書いておきました。娘としたいことリストhttp://ally-bally-bee.hatenablog.com/entry/2018/03/27/233235個人としてしたいこと…

当事者だから感じること

障害者福祉関係の仕事をしています。これまでの人生で、特に障害者が身近にいたわけでもなく、娘が生まれるまで、ほとんど障害を持つ方と接した経験もありませんでした。仕事にしようと思うくらい関心を持った理由は、障害を持つ子の母親がひとり親に多かっ…

大人(おばさん?)になってきた

40歳を目前にしての今さらのタイトルかな、と思うけれど、もうすぐ訪れる40歳を少し意識しています。年齢を感じるのは、顔のシミや、頭の白髪や、膝の痛みなど、ネガティブなことが多いのですが、ポジティブなこととして、経験が増えたことにより、様々な選…

ミライ

2019年4月1日(月)。働くお母さんは、仕事の春休みでもないので、小学校が始まるまでの間、学童保育に子供を預けます。給食はないので、今日からしばらく弁当持参です。家から学校までは、学区内で1番遠く、子供の足だと30分弱かかります。登校の練習はまだ…

ありがとう 先生

娘が、保育園を卒園しました。母に、きっとすごく泣くよ、と予言されていましたし、私自身もたくさん泣くだろうと思っていたのに、卒園式も、最後の登園日も不思議と涙は出ませんでした。でも、卒園式に、前の保育園でお世話になった先生からの私と娘に宛て…

緊急避妊薬を飲んだ時のこと

オンラインで緊急避妊薬の処方が解禁になるようですね。詳しいことはまだわかりませんが、画期的なことと思います。ニュースには、ノレルボ錠1.5mgの画像がありました。https://www.google.co.jp/amp/s/www.asahi.com/amp/articles/ASM3V4D8GM3VULBJ00N.html…

婚活とフェミニズム

ローンは残っているものの、家を購入して、出てきた新たな悩みは、娘にお父さんがいないこと、でした。娘の『お父さんが欲しい』という言葉もきっかけとなり、私も恋人が欲しくなりました。それで、婚活してみようかな、という気になったりもしたけれど、気…

婚活に興味あり

ここ最近仲の良い夫婦を多くみており、結婚や出産の知らせも多くなり、なんとなく疎外感を感じている。私も借金を返済し、再就職し、家も購入し、当面の目標を果たしたので、今までのように、過剰に男性を警戒しなくても良いのかな、という気になってきた。…

児童虐待とひとり親

最近も話題性のある児童虐待のニュースがあり、世間は思い出したかのように憤っていたけれど、もう随分前から頻繁に児童虐待のニュースはあるわけで、この騒ぎも一時的なのだろうな、と思ったりしていた。その後、地震があって、関心はそちらに移ってしまっ…